第2回井戸岳植生復元作業

7月26日(土)
今年度2回目の井戸岳植生復元作業が行われました。

環境省2名、関係団体から3名、PVからは10名の方々が参加しました。
idodake 01
酸ヶ湯IC前で参加メンバーの確認です。

山頂方面は濃いガスで見えない中、8時半過ぎに出発。

50分程で下毛無岱に到着。
キンコウカが真っ盛り。
idodake 02
一面のキンコウカに、木道を進む足も笑顔で軽やかです!

10時半過ぎ、2時間かけて大岳避難小屋に全員到着。
早速、作業分担の割り振りです。
idodake 03

作業は3班に分かれ、実験区における植生状況の調査と
新たに実験区を1区画設ける作業でした。
idodake 04
今回の参加者、井戸岳作業のベテランが多く、とってもはかどりました。

昨年、種蒔きをした実験区です。
idodake 05
効果がみられるのはもう少し先のようです。

こちらはこれまでしっかり土留め作業をした区画ですが、植生がかなり復活してます。
idodake 06
予想以上に植生が戻っていて驚きました。(ミネヤナギが多く見られます)

実験区の調査・作業後、登山道の整備を行い12時半過ぎに本日の作業を終了。
idodake 07


本日の作業、井戸岳稜線はかなりの強風でした。
相変わらず大岳山頂を見ると濃いガスに包まれ、ほとんどの人は解散後に毛無岱から酸ヶ湯を目指して下山しましたが、
自分は薬師沢の高山植物が気になり大岳を超えて下山する。
idodake 08
山頂は思った通り視界不良でした。

それでも下山の途中、大岳東側の斜面はガスが晴れ、仙人岱が見えてきました。
idodake 09


ここからは本日見る事が出来た、花をいくつか紹介します。
idodake 10
ヤマハハコとウサギギク
ウサギギクはもう終わりかと思ったら、登山道脇にまだひっそりと可憐に頑張っている個体もありました。

薬師沢に到着。
ウメバチソウとヒナザクラです。
idodake 11

ヨツバシオガマとハクサンチドリ、
ミヤマキンポウゲとミヤマリンドウです。
idodake 12

薬師沢から仙人岱に到着、大岳山頂は相変わらず隠れたまま。
idodake 13

仙人岱清水で休憩。
今年も清水の勇水量は少なめです。
昨年も一時期、清水が枯れたと聞きました。
idodake 14
登山者に辰五郎清水と親しまれている北八甲田のオアシスです。
今年も枯れてしまわないか、とても心配!

1時半、仙人岱から地獄湯の沢を下る。
豪雪の年、折れてしまう木橋。
一昨年、丈夫な橋に架け替えたので昨年と今年の冬は大丈夫でした。
idodake 16
ここまで太く、丈夫な橋ですので少しぐらいの大雪には持ちこたえれるでしょう?

14時過ぎ、国道103号線を通る車の音が聞こえてきました。
(あと7~8分で酸ヶ湯IC前駐車場到着です)

登山道脇の枯れたブナ林を通る。
idodake 17
皆さん知っました?
このブナ林の枯れた跡、
その昔、宇宙人が酸ヶ湯温泉の噂を聞いて風呂に入るため、UFO(未確認飛行物体)で着地した跡だと聞きました。 
なるほど、円形にブナ林が枯れています。

でも、この日、一年ぶりに通りましたが、枯れ跡が更に大きくなっています。
登山道の反対側にも広がっていました。
きっと、そして、ついにUFOの母船が宇宙人の団体客を乗せてきて、着地したんだと思います。

なんだかんだ言いながら、14時半過ぎ、酸ヶ湯ICへ到着。
久しぶりの北八甲田でしたが有意義な本日の活動でした。

今日の登山で2種類のコケを発見。
idodake 15
「ミズゴケ」と「イオウゴケ」です。

先日の(7月13日)、コケ研修会の早速の成果です。
自分ながら知識が着実に増えて、自慢したところ、
一緒に下山した仲間が、それって、「ミズゴケ」と「イオウゴケ」だよ、知ってる?
との一言。

思わず「ありがとうございました」と、お礼を言いいました。


PV活動報告  「匿名希望」
スポンサーサイト
[ 2014年07月31日 16:50 ] 活動だより | TB(0) | CM(0)

PVスキルアップ研修会「コケ目線で見た奥入瀬渓流」

7月13日(日)

今年度最初のPV研修会が十和田ビジターセンターに於いて実施されました。
towadako_1.jpg


研修会のテーマは
「コケ目線で見た奥入瀬渓流」

towadako_3.jpg


八戸工業大学バイオ環境工学科講師の鮎川氏から講演していただきました。
towadako_4.jpg

【 鮎川 恵理(あゆかわ えり)】
  経歴 (八戸工業大学ホームページから)
◆東京都出身
◆総合研究大学院大学数物科学研究科極域科学専攻
  博士課程終了 博士(理学)
◆第42次日本南極地域観測隊参加
◆国立極地研究所共同研究員
◆八戸工業大学講師 
towadako_4-1.jpg
コケ植物の研究者でもある鮎川氏は、現在「NPO奥入瀬自然観光資源研究会(通称:おいけん)」の副理事長を務められ、コケ植物を通して奥入瀬渓流の魅力アップを進めるために活動されています。

PVからの参加者は12名。
皆さん熱心に鮎川氏のお話しに聞き入っています。
towadako_7-1.jpg

コケの生命サイクル(一生)を解りやすく表した図です。
towadako_5.jpg

奥入瀬で見られるコケの解説。
towadako_6-1.jpg

コケ観察会
(石ヶ戸駐車場石垣にて)
towadako_8-1.jpg

★室内学習の後、今度は屋外に出てビジターセンターの周りに生息するコケを採取し、実物のコケを顕微鏡で見ながら学習を行う。
towadako_10.jpg

顕微鏡を使うなんて、何十年ぶりだろう?
towadako_11.jpg
今の顕微鏡って、はっきりと、そして明るい画像(光学式?)で見え、とても驚きです!

顕微鏡の画像をお見せ出来なくて残念!
towadako_12.jpg
デジカメでマクロ(接写)撮影してみました。

法量さん、真剣にコケを観察中!
towadako_15-1.jpg
(何という種類のコケかな?)

コケ植物は茎や葉に付着した水分から栄養分を吸収するとの事。

鮎川講師が試しにコケに直接水を与えてみました。
towadako_13.jpg

水を与えられたコケが水分を吸収するのが写真でも良く解ります。
towadako_14.jpg

皆さん、夢中になって顕微鏡を覗いています。
towadako_17.jpg


今回のスキルアップ研修会、あっという間の2時間でした。
参加の皆さん、夢中になってコケを観察したんで、短い時間でしたが楽しい研修会であったと思います。
でも、もう少しPV参加者が多いと良かったんですが・・・とても残念でした!

次は8月30日(土)、東北4地区PV合同研修会で、同じくコケ植物についての研修が予定されています。
講師は昨年PVスキルアップ研修会でお話ししていただいた河井氏とのことです。 楽しみです!


研修会終了後、少し時間があったんで、十和田ビジターセンターを見学してみました。
いくつか写真を紹介します。
towadako_19-1.jpg

towadako_18.jpg


この日の十和田湖は曇り空でした。
towadako_2.jpg


最後に研修会でとても参考になったコケについての知識を ひとつ。
コケは有毒ではないけど、もし食べたとしても 全然まずい! とのことです。

PV活動報告 (髙田)
[ 2014年07月16日 17:33 ] 活動だより | TB(0) | CM(0)

検索フォーム