月別アーカイブ  [ 2014年10月 ] 

野辺地町烏帽子岳

10月26日(日)
久しぶりに愛車のオフロードバイクで、町内の最高峰・烏帽子岳まで ひとっ走り!

3年ぶりの山頂です。
烏帽子岳は山頂直下まで林道が通っていて、マイカーで町内から30分位で来ることが出来ます。
10_26 ebosi_01
烏帽子岳神社前に愛車(ポンコツバイク)を駐車する。

山頂・駐車場には烏帽子岳休憩所と、トイレ(右側)が備えられています。
10_26 ebosi_02

休憩所内は清掃されていて、ストーブと防寒用の毛布も備えられていました。
10_26 ebosi_03
野辺地町で清掃しているのか、それともボランティア清掃なのか、気になります。

烏帽子岳には県内のTV放送局の中継アンテナが設けられていて、主に県南地域の放送をカバーしています。
10_26 ebosi_04
山頂までは放送局建屋の脇を通り抜けて進みます。

駐車場から50m程登り振り返る。
10_26 ebosi_05

放送局建屋の隙間から野辺地湾が見えました!
10_26 ebosi_06

更に北側に視線を移すと、平内町方面が望めます。
10_26 ebosi_07

頂上直下の登山道脇には、青森県・防災用無線中継所(左側)が建設されています。
10_26 ebosi_08

駐車場から5分経過。
この岩場を抜けると山頂です。
10_26 ebosi_09

汗をかく間もなく、山頂に着きました。
10_26 ebosi_10
東奥日報:Web東奥写真館
https://www.toonippo.co.jp/photo_studio/110mountains/sanpachi/eboshi/index.html

標高719m、烏帽子岳山頂から野辺地町を見下ろす。
写真では野辺地町内が小さく見えますが、実際は足下にダイナミックな景色が広がっています。
10_26 ebosi_11
写真では、中々この迫力が伝わりません。

烏帽子岳東側は200m以上の垂直な崖となっていて、山頂からのぞいてみると、恐怖を感じます。
10_26 ebosi_11-1
この下の崖(枇杷野沢)の右側に、山麓の野営場からの登山道があります。
野営場から1時間半程で山頂まで着きます。

山頂からの展望をご覧下さい!

平内町夏泊半島が見えます。
10_26 ebosi_12

青森市東岳です。(中央右手)
10_26 ebosi_13

北八甲田山が、白く薄く見えてます。(逆光で申し訳ない!)
10_26 ebosi_14

十和田市方面です。(こちらも逆光で申し訳ない!)
10_26 ebosi_15
肉眼では、もう少しはっきりと見えてたんですが・・・

野辺地町をズームしてみました。
10_26 ebosi_16
自分の家も小さいですが それとなく確認出来ました!

六ヶ所方面です。
石油備蓄基地、原子燃料サイクル基地、ITER(イーター)核融合実験施設の他、風力発電と大規模なメガソーラーが現在建設中で、日本最大のエネルギーパークとなっています。
10_26 ebosi_17
日本で取り扱う、ほとんどのエネルギー施設が集中しているといえます。(水力とガスを除く)

最後に北八甲田山方面をパノラマ写真にしてみました。
10_26 ebosi_18
やっぱり 逆光で、駄目だコリャ!
(今度カメラの逆光補正技術をマスターしておきます)

PV会員だより (高田)
スポンサーサイト
[ 2014年10月31日 21:16 ] 会員だより | TB(0) | CM(0)

検索フォーム