FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

奥入瀬クリーンハイキング

11月12日(日)

「奥入瀬クリーンハイキング」が実施されました。
参加者は、環境省3名、自然公園財団13名、PV11名の総勢27名でした。

作業は、石ケ戸コース、子ノ口コースの二班に分かれて実施し、PVは子ノ口から遊歩道側、車道側に分かれ出発。
ゴミは渓流の中のビニール、カン、ペットボトルや遊歩道沿いのテッシュ、菓子袋、たばこの吸い殻、カメラなどありました。
pvoirase.jpg
立冬を過ぎた奥入瀬は樹木が葉を落とし 少し前のあの美しい錦織の色調も夢か幻か。
11時ころに石ケ戸に戻り解散。
曇り空の中 時折さす陽を浴び、落ち葉を踏みしめてのクリーンハイキング。
参加の皆さんお疲れ様でした。

活動報告 PV小笠原


スポンサーサイト
[ 2017年11月24日 11:46 ] 活動だより | TB(0) | CM(0)

PVスキルアップ研修会

11月11日(土)

PV秋季研修会が十和田湖休屋の
十和田ビジターセンターにて開催されました。

この研修会は、私達PVの活動スキルアップを目的に実施されていて、18名が出席しました。

研修会は環境省からの挨拶で始まりました。
pvsukiru_1.jpg

今回の研修会は、青森地方気象台の島津防災管理官、髙橋次長のお二方からお話しいただきました。
★研修テーマ
島津防災管理官・・・・「気象庁の火山業務」
1.火山とは?
2.常時観測火山
3.気象庁が発表する火山情報
内容は、火山の定義から始まり、日本の活火山分布状況、噴火の種類など、多岐に渡り、
中でも、私達の関わる、八甲田山と十和田湖における活火山状況については特に興味をひかれました。
pvsukiru_2.jpg

髙橋次長・・・・「山の天候と特徴」
1.秋~冬~春にかけての特徴
2.防災気象情報の利用
山における天気急変のメカニズムや、冬型の気圧配置の読み取りかた、山雪型・里雪型の違いなど、とても分かり易く解説していただきました。
pvsukiru_3.jpg

出席の皆さん、熱心に聞いています。
pvsukiru_4.jpg

講演最後の質問コーナーでは、皆さんが活動時に疑問に思っていることなど、活発に意見が出され、時間を少しオーバーして研修会は終了となりました。


PV活動報告
[ 2017年11月24日 11:36 ] 活動だより | TB(0) | CM(0)

大岳薬師沢ロープ撤去作業

10月28日(土)
秋も深まり、八甲田の紅葉も終えたこの日、大岳薬師沢と田代湿原のロープ撤去作業が実施されました。

自分は薬師沢側の作業に参加するため、酸ヶ湯を目指します。
好天に恵まれ、八甲田の山並みがクッキリと見えます。
yakusi01.jpg

この日の参加者はPV5名とAR3名の8名でした。

朝9時、酸ヶ湯登山口から仙人岱目指して出発。
yakusi02.jpg

9時50分
地獄湯ノ沢から背後を振り向くと南八甲田の山並みが迫るように見えてます。
yakusi03.jpg

地獄湯ノ沢を渡り一息休憩。
yakusi04.jpg
ここまで約1時間かかりました。

秋空の晴天で空気も澄んでいて岩木山も見えています。
yakusi05.jpg

10時20分
仙人岱到着。
yakusi06.jpg

青空にそびえる大岳です。
yakusi07.jpg

仙人岱清水で15分程休憩。
yakusi08.jpg

休憩後、10時30分過ぎから2班に分かれて作業を開始。
yakusi09.jpg

6月に展張したロープと鉄ピンを協力して撤収しました。
yakusi010.jpg

yakusi011.jpg

毎年の作業で皆さん手慣れてます。
yakusi012.jpg

11時前に全ての作業を完了し、仙人岱避難小屋前で現地解散としました。
yakusi013.jpg
そのまま酸ヶ湯に戻る人、大岳に登る人、それぞれでしたが、自分は久しぶりに小岳まで足を延ばすことにする。

仙人岱小岳分岐標識
yakusi014.jpg

雪が残る小岳登山道
登山道を塞ぐ青森トドマツの倒木です。
yakusi015.jpg

11時30分
小岳山頂到着。
yakusi016.jpg
奥に見えるのは高田大岳です。

yakusi017.jpg

小岳山頂のケルン。
yakusi018.jpg

こちらは八甲田山の主峰大岳です。
yakusi019.jpg
雲一つない空に堂々とそびえて見えます。

大岳の右手に寄り添う井戸岳。
yakusi020.jpg

少し霞んでいますが、岩木山も望めました。
yakusi021.jpg
小岳は岩木山より約150m程低い標高となります。

南側に目を向けると南八甲田の駒ヶ峰から櫛ヶ峰稜線もクッキリと。
yakusi022.jpg

南東側には同じく南八甲田の猿倉岳、更に乗鞍岳、左手に南部赤倉岳です。
yakusi023.jpg

もう一度大岳と井戸岳ですが、
山容が大きすぎて写真に入りきりません。
yakusi024.jpg
八甲田山の主峰
大岳の標高は1584.6mです。

小岳山頂から360°の動画を撮りました。
[広告] VPS


12時40分
小岳から仙人岱まで下りました。
yakusi025.jpg
1時間程しか経っていないのに辰五郎清水の湧水量が減っていて、
パイプからの流れが止まっています。

清水前から望む大岳山頂は相変わらず澄みきった青空でした。
yakusi026.jpg

清水の枯渇だけでなく、仙人岱全体の湿原が乾燥してきています。
yakusi027.jpg
近年、仙人岱のお花畑の縮小が一段と進んでいるように感じます。

13時
地獄湯の沢の木橋まで下る。
yakusi028.jpg

樹林帯まで下山すると、風もなくて快適に酸ヶ湯を目指して進みます。
yakusi029.jpg

13時40分
あと、もう少しで酸ヶ湯に到着です。
yakusi030.jpg

13時50分
酸ヶ湯公共駐車場到着。

この日の大岳薬師沢ロープ撤去作業。
天候にも恵まれ、晩秋の八甲田山を満喫した一日でした。


PV活動報告 高田



 




[ 2017年11月05日 19:55 ] 会員だより | TB(0) | CM(0)

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。